リスクコントロールに有利なロング・ショート戦略

金融取引初心者だと、どうしても株の売買をそれぞれ単体のものとしてとらえてしまいがちです。また、利益が出ている時に敢えて損失が出るような取引行動を取ることに疑問を持つ人も多くいることでしょう。しかし、信用取引を活用する際にはそうした固定概念は利益を出す邪魔にしかなりません。現物取引で利益が出続けている時に、要所要所で信用取引の空売りを行うことで、突然株価が崩れても利益を確保することができます。これをロング・ショート戦略と呼びます。買いで利益が出ている中に敢えて売りを組み合わせることでどのような場面でも利益を堅持することができる、信用取引をするに当たっては是非体得しておきたいテクニックです。

逆日歩狙いの信用買い戦略

空売りされる株は無限にあるわけではありません。特に一般信用取引で空売りを行う際などは、基本的に証券会社が保有している株数までしか空売りできません。その上限を超えた後に空売りを行った場合、投資家は『逆日歩』と呼ばれる追加料金を支払う必要があります。そして、この逆日歩はその銘柄を現物買いしている人の懐に入ることになります。つまり、空売りが膨らむ銘柄を買っておけば、それだけで株価変動とは別に利益を得ることができるわけです。逆日歩狙いの信用買いで利益を出すためにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんが、株価が硬直している際などに利益を出すに当たって有効な戦略とされています。

以前は公募銘柄のサヤ抜きという戦略もあったが

公募販売される銘柄は、公開される前に安い株価で売り出されます。その価格が決まる際に同時に空売りを仕掛けておけば、理論上はそのディスカウントされた株価が確保されることとなり、株式公開後に大変有利な取引を行えるようになります。こうした手法を公募銘柄のサヤ抜きと呼び、以前は信用取引において利益を出す、まさに裏ワザ的な戦略とされていました。しかし、現在ではこうした手法は禁止されています。やはり簡単に利益を出すことができる手法というものは、信用取引にも存在しません。着実に利益を積み上げていく手法を見つけて実行することこそが、信用取引で勝ち残る唯一の手段だと言えるでしょう。

信用取引というとこわいイメージを持つ方は多いですが、きちんと勉強すれば効率的に利益が出せる投資方法です。