スクーリングを受けやすくなる

通信制大学は、一部の大学を除いてはすべて自宅学習で完結するものではなく、スクーリングと言ってキャンパスに行って直接抗議を受けて、一部の単位を履修しないといけません。東京にある本キャンパスに直接行って受けるものや、地方在住者向けにそれぞれの地方の拠点でスクーリングを受けることができるようにはなっていましたが、居住地域によってはスクーリングに行くことの大変さがネックになったいた面がありました。でもインターネットの普及でこれも解決しましたよね。

Eラーニングって何?

メディアスクーリングとも言いますが、インターネットを使ってパソコンから講義を受けることができるシステムとなっています。一定期間内ならいつでも講義内容を見返すことができますから、わからないことを納得いくまで勉強することが可能です。科目ごとにルールが違っていて、小テストを受けないと次回のスクーリングに進めないものや、リポートの提出が必須となっているものもあります。講義の内容については、シラバスがオンライン上でも公開されていますよ。

サポート制度を利用しよう

メディアスクーリングを行っている時には、わからないことや不安なことが出てくることも、時にはあることでしょう。そんな時には、一人でどうにか解決しようとはしないで、大学のサポート制度を利用しましょう。メディアスクーリングに関連したことについ、て専門の相談員がメールルで助言してくれます!相談員はその大学の卒業生などが起用されていますから、生徒の立場を分かったうえで相談に乗ってくれますよ。メール相談は一か月ごとの回数制限がある場合もあるので、注意してくださいね。

通信制大学は、社会人を対象とした学習のサポートが優れていることもあり、職業生活に役立つ知識を習得するにあたり、進学先の選び方にこだわることが肝心です。