間違った高校選びはその後の人生も狂わす

小学校6年間と中学校3年間の計9年間は義務教育として、保護者や教師は子供を学校に通わせる義務を担っていいますが、現在は高校進学率が97%を超えており高校までは親の義務と考えています。親の義務とは裏腹に、当の本人は制服や異性が通うとの理由で高校を選ぶ者もおり、高校選びがその後の人生に大きく関わることを理解していない現状があります。教師も生徒の偏差値で高校を勧めており、その後の人生までを考える余裕がないのも問題です。

選べる立場の強さと選ばれる立場の弱さ

ネットが普及した今日、高校のホームページには教育理念・卒業後の進路、施設環境は必ずと言って良いほど記載されているので、中学校に入学したらまずは行きたい高校を探し、その高校へ入学できる能力を入試までに養う努力をしなくてはなりません。学校での成績が良けなれば高校を選べる立場になりますが、成績が悪ければ選ばれる立場になり、高校卒業も人生を自ら選ぶことのできない境遇に立たされます。学校での成績だけで人生は測れませんが、学校での成績が悪い者が活躍できるほど世の中は甘くありません。

社会での成功は高校生活で決まる

躾を教える義務教育とは異なり、高校は良い大学や良い会社に進むことに力を入れているので、全日制・定時制・通信制課程に関わらず卒業資格を得ることは然程難しくはありません。教師と対面する機会が多い全日制・定時制課程の高校では、生活態度が評価に大きく影響を及ぼすため、勉強が苦手な方は部活や校外学習などで評価を上げる努力をしなくてはなりません。点数稼ぎみたいでダサイと思うかもしれませんが、義務教育とは違う高校では教師から歩み寄ってくれることはないため、自ら積極的に売り込まなくては良い大学や良い会社に進むキップを得ることができません。義務教育までの甘えを逸早く払拭した者が、他社より早く社会での成功にコミット出来ます。

大学に入学する際に必要となる資格です。通信教育にて高校卒業過程の勉強をし、大学に進学すれば、高校卒業資格として認められます。通信教育は自宅で自分のペースで学べるため、仕事をしながらでも可能です。